脱毛は、今や必須なものになってきました。


脱毛したいと思ってる女性が多くなりました。最近のおしゃれなファッションは、露出度も多いので気になる部分を処理したいと思う女性が多いのです。また手軽さも理由になっています。夏になると女性は脇の毛の処理が特に必要です。毛が伸びるために カミソリ何で処理するのは非常に面倒なことです。永久脱毛してもらえば、そういった面倒な処理もなくなるのでとても便利なんです。

最近では、デリケートゾーンの脱毛も流行っていて、これは一つの身だしなみもあるのかもしれません。
脱毛してもらうには、昔はサロンが少なかったので料金も高額でした。しかし今では、学生の小遣いくらいの料金で処理をしてもらうことができるので、若い人から年配の方まで手軽にサロンに通うことが可能になりました。

手軽な料金になり、利用しやすくなった点も脱毛の流行りのきっかけになっているのでしょう。

脱毛は女性だけのものではなく、男性の利用も多くなっている。



脱毛は女性だけのものというのは過去の話になりました。今では脱毛は、男性であっても普通になりつつあります。メンズエステのように、男性専用の脱毛サロンが登場すると脱毛したい男性で人気になりました。

一つの理由は時代の流れにあります。以前は脱毛は女性だけのものという風潮がありましたが、現在では毛のある男性はモテない中性的な男性がモテる傾向にあるのです。
女性にモテたい男性は、毛がある事が一つのコンプレックスになりサロンで脱毛処理してもらう流れになっているのです。

脱毛処理の施設は大きく分けて二つある


これから脱毛処理をしてもらおうと施設に行く前に一つ、確認しなければならないことがあります。

それは脱毛処理をしてもらう施設は2種類あるということです。脱毛の施設は、脱毛サロンと 医療脱毛の二つあるということです。分かりやすく言えば、美容の施設は二つに分かれています。エステと美容整形です。大きな違いは医療行為かそうでないかです。

美容整形の場合は医者なので医療行為をすることができます。しかしエステは、医師免許を持ってないので、医療行為に関する施術はできません。だから言って行ってエステがマイナスではなく美しさを追及するのがエステサロンの考え方ですから、どちらが良いということは言えません。

脱毛においても、基本同じでもアプローチの仕方が若干違うようです。

脱毛サロンと医療脱毛の脱毛の違いについて


当然ですが、両施設において脱毛可能です。先ほども紹介した通り医療行為ができるかできないかの差なのですが、実際に施術においてどのような違いがあるのでしょうか。

わかりやすく紹介します。永久脱毛の場合はレーザー照射で脱毛を行います。毛は毛根の毛乳頭で作られます、レーザー照射によって毛乳頭破壊し、毛が伸びないように処理します。レーザー照射には多少痛みを感じることがあります。

毛は毛穴から一本一本伸びてますからひとつひとつの毛乳頭をレーザー照射で潰していきます。脱毛サロンと医療脱毛は、レーザー照射と光脱毛で処理しますが、それぞれその出力の強さが違います。

医療脱毛の場合は脱毛サロンと比べてレーザーの強さを強くすることができるので脱毛完了までの時間が短くなります。レーザーの出力が強いので期間が短くなりますが、強い分痛みを感じやすくなります。

出力が弱いと、完璧に毛乳頭破壊することができず同様の事を繰り返すことになり、時間もコストもそれだけかかります。医療脱毛の方が、時間もコストも最小限に抑えることが可能です。

脱毛サロンは、医療脱毛よりも劣っているのか。


医療脱毛は医療行為ができるので強いレーザー照射を行うことはできます。回数も短期間で終わるので医療行為の方がメリットが高いように思うかもしれません。



でも果たして、脱毛サロンは医療脱毛よりも劣っているのでしょうか。脱毛サロンにもメリットがあります。レーザー照射による治療は非常に痛みが伴います。その痛みは赤く腫れ上がるほどです。

医療脱毛で回数は1度で済んだとしても毛穴を無数にありますから無数に痛みが存在するのです。痛みに強い方は良いのですがレーザー照射に耐えられないという方も多く見受けられます。

途中でやめてしまう人もおり、そこに脱毛サロンのメリットがあります。脱毛サロンは強いレーザー照射はできませんが痛みも非常に少なく済みます。

一度の施術では、毛乳頭を潰すことができませんが複数回施術を行うことで最終的に少ない痛みで永久脱毛することができるのです。

脱毛サロンは、手軽だからいい


脱毛サロンは美容エステと同じようなものです。美容外科は、かなりの決心が入りますが、美容エステは手軽に行くことができるはずです。
脱毛サロンもエステと同じなので体験程度に行くことが可能です。脱毛のレーザー照射はどのようなものか体験したいという方も多いはずです。

脱毛サロンは本格的な治療でなくても体験として受けれますし料金も非常に安く済むので学生でも利用しやすい料金体系となっています。痛みの少ないので続けやすいのが脱毛サロンのメリットでしょう。

気になるのは安全性



では脱毛サロンが非常にメリットが高いのかと言うとそうでもいません。それは安全性の問題です。医療脱毛は医療行為なので病院で行われますので必ず医者が在籍しています。

患者の安全を第一に考えて処理を行うのが一般的です。施術の結果炎症が起きるなどの肌トラブルに繋がった場合でもすぐに診察・治療を行えるのは医療脱毛のメリットといえます。施術を行った内容もすべて把握しているので事態の把握も早く治療も迅速です。

しかし脱毛サロンは医療行為が認められてない一般の人です。もちろん安全性を考慮して何度も練習を重ねていますが、施術を受けている方が危険になっている時に、適切に処置を行うのかその危険を察知することができるのかというのは難しいところもあるかもしれません。

そういった意味で、脱毛サロンにおいてもメリットばかりがあるわけではないのです。

最終的にどっちを選べばいいのか


脱毛サロンと医療脱毛どっちを選ぶべきなのでしょうか。こればかりは本人次第ということになります。どちらもメリットがありますし、デメリットもあります。

よく確認した上で最終的に本人が判断することになります。また脱毛サロンと一口に言っても多くの施設があります。優良な脱毛サロンがほとんどですが、中には問題のサロンもあるようです。

脱毛サロンは医療行為ができません。にもかかわらず医療脱毛でしか使用できないレーザーを脱毛サロンで使用しているということもあります。もし、この記事を読んでいただけた方は、いけない行為だとすぐわかるはずです。

しかし、何も調べずに、パンフレット見ただけで判断すると脱毛サロンで 良いレーザー処理を体験できると誤認してしまうのです。ですから、脱毛施設を選ぶときには、よく吟味して選ぶ必要があるのです。

まとめ


今回は脱毛サロンと医療脱毛の違いについて紹介しましたが、厳密に言うともう少し細かく分かれるようです。例えばただの脱毛であれば、レーザーは使えません。

糊のようなものを肌に直接つけて引き抜くという単純なものです。脱毛サロンで体験できますが永久脱毛にこだわらなければそれでも十分対応ができます。

他にも多くの種類や多くの施設があり料金も施設によって変わってきます。安く抑えたいのであればキャンペーンなどを利用するのもいいでしょう。

いい脱毛施設であっても施術の上手な方とそうでない方も存在します。そういったことも含め、脱毛する前にいろいろ調べて自分に合った脱毛を行うのが一番の良い方法なのではないでしょうか。