脱毛は痛くない?痛み止め効果がある麻酔を使う方法とは

脱毛サロンでも医療機関でも、脱毛には痛みが伴います。痛みはできるだけ感じたくないはずです。では、どうすれば痛みを軽減することができるのでしょうか

痛みを感じる理由


多くの脱毛サロンが行っている脱毛方法が光サロンです。医療機関では医療レーザー脱毛を行っています。

光脱毛も医療レーザー脱毛も光を利用した脱毛方法です。
脱毛にはメラニン色素に反応する波長の光を使用します。光を照射すると毛のメラニン色素に反応をして、光の熱が毛に伝わります。その熱で毛根を焼いて脱毛を促しています。

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いは、使用する光の波長です。医療レーザー脱毛は波長が狭くそれだけピンポイントで狙えるので、脱毛効果が高くなります。光脱毛は資格を持っていない人でも扱えるような波長に設定されていて、レーザー脱毛に比べて波長域が広いです。その分脱毛効果は低くなります。

波長の幅が違い、脱毛効果の違いはありますが、光脱毛も医療レーザー脱毛も光を照射して毛に当てたときに熱が発生をします。この熱によって痛いと感じます
誤って熱湯を触ってしまったときなど、熱さだけでなく痛みも感じませんか。脱毛でもこのように痛みを感じるのです。

光脱毛と医療レーザー脱毛を比べると、痛みが強いのは医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛の方が光の熱エネルギーが強いため、強い痛みを感じます。

痛みを感じやすい部位


痛みを感じやすい部位は、脇やVIOラインなど皮膚がデリケートで太く濃い毛が生えている部位です。

脱毛にはメラニン色素に反応する光を使用しますが、メラニン色素が多く色が濃いほどよく反応をします。そのため、毛の色が濃くて太いほど痛みが強くなります。
腕や脚などは痛みを感じにくい部位です。

肌の状態が関係している


肌にはバリア機能というものがあります。バリア機能は花粉や紫外線などの外部刺激から守ったり、肌内部の水分蒸発を抑える働きがあります。肌表面の角質層がバリア機能の働きをしています。

角質層が健康な状態に保たれていれば、花粉や紫外線などの影響を受けにくく、肌内部の水分は保たれて潤っています。ところが、バリア機能が低下をしていると、花粉など外部の刺激に敏感になり、肌内部の水分が逃げて肌は乾燥をします。

肌のバリア機能が低下をしていると脱毛時に痛みを感じやすくなります。外部の刺激から守る力が落ちているので、痛みを感じやすくなってしまうのです。

バリア機能が保たれているかバリア機能が低下をしているかによって、脱毛時の痛みの感じ方が変わります。

保湿ケアがポイント


脱毛時の痛みを抑えるポイントは、肌のバリア機能を回復させることです。外部の刺激から守るバリア機能がきちんと働いてくれれば、脱毛の刺激による痛みが軽減します。

バリア機能を回復させるには保湿ケアを行うことが大切です。
肌は常に生まれ変わりをしていて、これをターンオーバーといいます。肌は表面から順に、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。表皮はさらに基底層や角質層などに分けることができます。表皮の下の方にあるのが基底層では新しい細胞が作られています。新しい細胞がどんどんと作られることで、古い細胞はどんどんと表面に押し出されて、最後には角質層になって垢になってはがれます。

ターンオーバーを正常に行うためには肌が潤っていることが大切です。乾燥しているとターンオーバーが遅れるようになり、古い細胞が蓄積をするようになります。バリア機能の働きをしている角質層は構造が乱れて、バリア機能は低下をします。
保湿をすればターンオーバーは整ってきて、角質層の構造も整い、バリア機能が回復してくることが期待できます。

保湿のやり方


保湿作用が高い成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、NMF、リピジュアなどがあります。こういった保湿成分が配合されたローションやクリームなどを使って保湿ケアを行いましょう。




おすすめの成分はセラミドです。セラミドには保湿をするだけでなく、肌のバリア機能の回復を促す働きがあります。疑似セラミド、動物セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミドなどの種類があるのですが、中でも保湿力が高く刺激が少ないのがヒト型セラミドです。

人の肌に存在するセラミドと構造が同じで、高い浸透力があり角質層を潤いで満たしてくれます。ヒト型セラミドを化粧品に配合している場合、成分表にはセラミド1、セラミド2など、セラミドという言葉の後に数字が記載されています。

ケアをする際には、肌をこすらないようにしましょう。こすると角質層が傷ついてバリア機能が低下をします。

麻酔で痛みを軽減


医療機関の場合は麻酔で痛みを抑えることができます。脱毛サロンでは医療行為を行えないため、麻酔で痛みを抑えられるのは医療機関での脱毛だけです。
使用する麻酔には、笑気麻酔や麻酔クリームがあります。

笑気麻酔とは、亜酸化窒素というガスを吸入する全身麻酔です。すぐに麻酔の作用が表れるのですが、麻酔が切れるのも早いです。薬自体での副作用はほとんどありません。10年ほど前までは麻酔による事故がありましたが、現在は吸入器の進歩などにより安全性が高まっています。

麻酔クリームは、効かせたいところに局所的に使用をします。効果が表れるまでに30分ほどかかるので事前に塗っておきます。麻酔クリームにはリドカインという成分が含まれていて、アレルギーを持っている方はアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。歯科でも使用されることがるので、以前麻酔クリームでアレルギーを起こしたことがある方は事前に相談をしておきましょう。

麻酔で痛みを抑えたい場合は、カウンセリング時に相談をしておきましょう。もしも脱毛時に痛みを我慢できなくて麻酔を使いたい場合、笑気麻酔なら対応ができます

回数を追うごとに痛みは軽減するのか


脱毛の回数を追うごとにムダ毛は細く目立ちにくくなってきます。光脱毛も医療レーザー脱毛も、メラニン色素に反応する波長の光を使用しています。毛の色が濃いほど脱毛効果が高くなるのですが、回数を追うごとに毛の色が薄く目立ちにくくなってくるので、今までと同じ出力では脱毛効果が落ちてしまいます。

そのため、回数を追うごとに脱毛器の出力を上げていきます。出力が高いほど脱毛時に痛みを感じます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、回数を重ねても痛みを感じる方はいます。

痛くない脱毛器


痛みが少ない脱毛器も登場しています。
ハイパースキン脱毛は、熱による痛みを感じない脱毛方法です。ハイパースキン脱毛では、毛の種に特殊な光を当てて発毛を抑制します。脱毛時にはほんのりと温かく感じる程度ます。ハイパースキン脱毛は一部の脱毛サロンで行っています。

一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛根に熱を吸収させて脱毛を促すのですが、バルジ領域という部分に熱を蓄えさせて脱毛を促す方法もあります。

バルジ領域は発毛指令を出している部位です。この部分に熱を蓄えさせて破壊することで発毛の指令が届かなくなって、ムダ毛が生えにくくなることが期待できます。バルジ領域は毛根よりも肌の浅い部位にあるので、高温を使う必要がありません。高温を使わないので熱による痛みを感じにくくなります。

この脱毛方法は医療機関で受けることができます。医療機関によって使用しているレーザー脱毛器が違うので確認しておきましょう。